新聞記者が取材に来る前の対応策

投稿日: カテゴリー: マスコミに無料で宣伝してもらう方法

プレスリリースここで間違えると即アウト

 

私はここで最大のミスを犯しました。

 

プレスリリースで興味の持った新聞社は

「いきなり取材しに来るもの」だと思っていたのです。

 

もしかしたら、事前にアポくらいあるかも?

と軽く考えていました。

 

実際は、いきなり取材ではなく電話で確認でした。

しかも、新聞社によって横柄な態度をとる新聞記者もいます。

 

一番最初に電話してきた毎◯新聞は名乗りもしなかったので、

最初、広告かホームページを見た人から「小冊子請求の電話」だと思っていました。

 

どうも話が噛み合わない。なんだろうこの人?

それに、すっげー偉そうな話し方なので、あまり相手にしたくない客だな~。

 

と思っていたら、ピンと来ました。

 

「もしかして、プレスリリース見て頂いた(新聞記者の)方ですか?」

「あぁ、そうです。毎◯新聞の者です」

 

おいおいおいおい!

ネットでよく「マスゴミ」なんて叩かれてるけど、

新聞記者って、いつもこんな偉そうなん!?

面倒くさい人だから「どうやって断ろうか?」と考えていたよ!!

 

と、喉から心臓が飛び出すほどビックリしたのを今でも覚えています。

 

その後、かかってきた読売新聞、中日新聞、彦根新聞は、きちんとした対応の電話だったので、

全ての新聞社が偉そうな態度ではなかったですけど、毎◯新聞には驚かされました。

 

プレスリリース後の電話対応には細心の注意が必要です。

 

そして、プレスリリース後、各新聞社、決まって同じ質問をしてきました。

この質問内容をあらかじめ知っておく必要があります。

 

【その4へ続く】

新聞記者が必ず聞く「2つの質問」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA